HOME>特集>自主性を重んじるので、自分で進んで学ぶ姿勢が求められます

目次

不登校から高校卒業資格を目指す

中学時代に不登校で、全日制高校へ進学することができなかったという人の多くが選択するのが、通信制高校です。東京は特に需要が高く、私立になりますが通信制高校が数多くあります。不登校から高校卒業資格を目指すことができるのも魅力です。高校卒業資格が重要なのは、就職の際にやはり高校を卒業しているとしていないとでは大きく異なることから、高卒資格は現代では必須の資格なのです。

自主的に学ぶ事ができる学校

通信制高校の場合、自主的に学んでいく姿勢が求められます。東京都内にある通信制高校は必ずしも通学をする必要がなく、レポートの提出などでも単位を取得することができるため、かなり自由度が高い学校であります。

自分の好きなことを勉強できる

特徴としては、カリキュラムが予め決まっていないということです。東京の通信制高校は特に自由度が高いため、自分の興味や関心のある分野を自主的に学び、それをレポートにしたものを提出すれば、単位の取得に繋がります。

留年はないので安心

中学時代に不登校だった子どもたちが懸念するのが留年制度です。全日制高校では出席日数やテストの点数で留年が決まってしまいます。しかしながら、東京の通信制高校では、留年の制度がないので心配をする必要がありません。

広告募集中