学校へ通う必要がない点

勉強

全日制高校の場合、出席日数が卒業に大きく関わってくることも合って週に5日は学校に通わなければなりません。また、進学校の場合にはテストも多いので、休んでいるとすぐに留年をしてしまうのです。他方、通信制高校の場合は自主性に合わせて週に何日学校へ通うかということを自分で選択することができるようになっています。例えば、アルバイトと両立をしたいのであれば、週3日登校し、それ以外の日はせっせとアルバイトに励んだり自宅でレポートをしたりと、自分に合った登校スタイルを選ぶことができるのが魅力です。中には仕事をしながら東京の通信制高校に通う人もいて、働いている人はほぼ通学せずに自宅でのレポートをこなすことで単位の取得に励んでいるのです。通信制高校の強みは、留年制度がないことにあります。出席日数をレポート提出で補うことができるので、必ずしも全日制の高校のように毎日学校へ行き、必ずテストを受けなければならないというわけではないため、自分に合わせたスタイルで高校に通うことができるようになっています。また、学区制が設けられていないので、全国どこでも好きな通信制の学校を選んで願書を提出して入学をすることができます。遠方の通信制高校に入学しても、通学の必要がなくレポートをこなせば単位を取得することができるため、全国どこでも気になるカリキュラムの高校を選択できるのです。

高校卒業の資格が得られる

本

通信制高校の魅力は、高校卒業資格を得ることができます。中学時代、いじめや不登校などで思うように学校に通うことができなかったり、家庭の事情により高校へ進学することができなかった人達に対する救済措置とも言える制度で、働きながら高校卒業資格を取得することができる点が最大の強みでもあります。全日制高校と違い、幅広い年齢層の人が東京の通信制高校に在籍しているので、人との繋がりの幅を広げる事ができる良い機会でもあります。

興味のあることだけを学ぶことができる

勉強

最大の特徴とも言えるのが、興味のあることだけを通信制高校では学ぶことができる点です。通常、全日制高校の場合にはカリキュラムが決まっていて、テストを受けて単位を取得する必要があるため、自分の興味関心のあるものを学ぶと言うよりは、教養として満遍なく学習をすることが求められます。他方、東京の通信制高校では、ダンスやIT、そして音楽など自分の興味のあるものだけを選んでレポートを作成し、単位に変えることができるのです。

広告募集中